相模原葬儀をする上で確認しておくべきポイント

相模原葬儀

高齢社会となり、葬儀について考える機会も多くなりました。神奈川県では規模の大きな葬儀が多く行われており、費用も平均111万円と高めの設定となっています。一方、相模原葬儀では規模が小さめの葬儀が注目を集めています。できるだけ費用を抑えたいという希望も多く、核家族化してきていることから、多くが参列者の少ない家族葬というスタイルを選択しています。また無宗教でお坊さんを呼ばずに葬儀を行いたいという希望もあり、お通夜や告別式を行わない火葬スタイルもあります。葬儀と言えば非常に費用がかかるイメージが強いですが、相模原では低価格の葬儀スタイルを選択でき、料金を心配することなく心のこもったお別れに徹する事が出来ます。葬儀スタイルは自由な選択ができる一方、火葬場問題が大きな話題となっています。

相模原葬儀における深刻な現状について

相模原市は人口あたりの火葬炉数が最も少ない都市となっています。神奈川県全体を含めても10万人あたり全国平均2.47に対し1.3から1.4といった炉数となっており、自治体も頭を抱えています。相模原葬儀では、齢化社会となり死亡者の数も多くなっている中なかなか炉を確保できない現状があるのは、葬儀スタイルや風習で日柄や時間帯を選ぶ方が多いためでもあります。過去には最も希望者の多い時間で5日も火葬待ちとなったこともあります。そんな火葬炉不足に対し、自治体は友引に開場して稼働率を上げることで、何とかニーズに対応しようとしていますが、実際には抵抗を感じる方が多くなかなか問題解決にはつながらないのが実情です。火葬場が確保できない現状と同時に、遺体安置の場所確保問題も深刻化してきています。

相模原葬儀のことならプロに相談

相模原葬儀事情により、葬儀社をどこにするかといった問題よりも、火葬の予約が取れるかといった問題が大きく、火葬場の予約に合わせた通夜、告別式の日程を組むことになります。場合によっては数日亡骸を安置しなければならず、自宅安置ができない時には遺体安置施設を持つ葬儀場を選びましょう。大切な人が亡くなった時、なかなか冷静な判断ができないものです。相模原葬儀事情を踏まえ、相模原での火葬をお考えであれば、生前よりある程度考えておくことも重要です。相模原には火葬までの流れを相談できる葬儀社がいくつかあり、火葬場予約も含め葬儀のことをよく知っているので頼ってみるとよいでしょう。火葬場の予約状況によっては何日も待つことになってしまいます。場合によっては相模原近隣の火葬場を利用することも考えてみるのも一つの手段です。