実用的な出産祝いでのお返しの例

出産祝いのお返しのことを現在では一般的に「内祝い」といいます。品物の選び方や、贈る時期、金額相場やマナーをきちんと知っておくことで、正しく感謝の気持ちを伝えることができます。また、贈る相手の立場や地域の風習などによってはマナー違反になることもあるので、贈る前には事前に確認しておくことも大切です。出産祝いのお返しの品物を選ぶ前に、もらった人の名前や金額等リスト形式にまとめておくと便利です。また、産後はなかなか外に出られなかったりすることも踏まえ、出産まえからカタログギフト等に目を通しておくのも良いでしょう。ベビー用品を取り扱っている店舗などには出産祝いのお返しの品物が置いてあるところもあるので、どんなものがあるのかだけでも見ておくことで焦らずに選ぶことができます。

出産祝いのお返しをする前に確認を

お祝いを受け取ったらまずは先方に受け取ったことを伝えるためにお礼状や電話で感謝を伝えましょう。品物を贈る時期は早すぎても遅すぎても失礼にあたります。実際に贈るのはお祝いをいただいてから約1か月後、赤ちゃんの行事であるお宮参り前後にすると間違いありません。贈る相手が喪中だった場合には、四十九日が過ぎて落ち着いた頃に贈るのがマナーとされています。相手の状況の確認が必要です。内祝いの金額はいただいたお祝いの半分が目安ですが、高価なものをいただいた場合には3分の1でも良いとされています。半分以上の金額で贈る場合、贈られた相手が気を使ってしまう場合もあるので、贈る相手に合わせることも重要です。贈るのが身内、友達、職場のかたでは品物も違ってきます。お祝いをもらったらリストにまとめておくこともポイントです。

どんなものを贈ると喜ばれるの?

贈る金額が決まったら品物を決めていきます。しかし、品物のなかにはタブーとされているものもあるので注意が必要です。一般的に多いのが「タオル」や「洗剤・せっけん」です。タオルはいくつあっても困らないですし、洗剤などは詰め合わせのギフトなどにしても喜ばれます。焼き菓子やスイーツなど食品も多く選ばれていますが、今注目を集めているのが「お米」です。生まれた赤ちゃんの出生体重を同じ重さのお米で、赤ちゃんを抱いているような感覚になるため両親や親戚のかたなどに贈ると喜ばれます。自身で決められない場合には、カタログギフトを贈って相手に決めてもらうのもひとつの手です。内祝いに限らない事ですが、お祝いを返すときには「刃物」や「駆使」、「現金」「ハンカチ」などタブーとされているものが多くあるので注意しましょう。