出産祝いのお返しにしてはいけない物

無事赤ちゃんが生まれてきたら、両親や兄弟たちはもちろん、親戚や友人・会社関係者など多くの方から出産祝いとしてさまざまな品をいただくでしょう。赤ちゃんの衣類やおもちゃであったり、頑張ったママのためのグッズであったり。そんな素敵な品をいただいたのであればお返しをするのは礼儀です。出産祝いのお返しは出産内祝いと言います。生まれた子供の命名披露も兼ねた大切なものですから、きちんとのしをつけて贈るようにしましょう。その際に、さまざまなルールがあるので気をつけてください。赤ちゃんのお世話が始まったばかりの忙しい時期ですが、社会人として、そして親になったのですからマナーを守ってきちんとしたいものです。出産祝いをくれた方々に失礼のないようにしましょう。

お返しの準備は早めにしておきましょう

出産内祝いはお祝いをいただいてから1ヶ月から2ヶ月くらいまでには贈るのが礼儀です。とはいえその頃は3時間ごとにおっぱいをあげたりと忙しく、まだママの体調も回復していない時期です。できれば出産前にある程度の準備は済ませておきましょう。贈られてきた品の2分の1から3分の1程度の金額が目安ですから、友人や親族など相場に合わせて大体の品を選んでおく・住所録を調べておくようにすれば慌てることはありません。そこまでやっておけばママは忙しくてもパパにお願いすることもできるのです。それに、最近はインターネットで家にいながらにして手続きは済ませられるので、子育ての合間にでも十分作業はできます。安定期の時期に、子供用品をそろえると共に、少しずつ準備を済ませておくのです。

おすすめの品・NGの品について

お返しの品としておすすめなのがタオルや洗剤・日持ちのするお菓子などです。相手の負担にならず喜ばれます。自由に相手が選べるカタログギフトも良いでしょう。出産内祝いにNGの品というのは特にありません。ただ、地域によっての決まりごとというのもあったりするので両親・義両親に確認しておいた方が安心です。熨斗は紅白の蝶結びにします。何度も繰り返したい御祝ごとだからです。熨斗紙の表書きは「内祝い」あるいは「出産内祝い」としましょう。名入れは世帯主の名前ではなくお子さんの名前にするのが普通です。最近は読みにくい名前の場合も多いので、ふりがなをふっておく方が親切です。お祝いをくださった方々にわが子の名前を覚えてもらいましょう。子供の写真入りメッセージカードなどをつけるのもおすすめです。