出産祝いのお返しでお困りの方へのアドバイス

赤ちゃんが産まれると、たくさんの方から出産祝いを頂くことになります。会社の同僚や上司、親戚や友人など、きちんと誰にどのようなものを頂いたか管理しておかないとあっという間に分からなくなってしまいます。というのも、お返しとして内祝いを贈ることが必要だからです。これを忘れてしまうと常識のない人、マナーのない人と思われてしまいます。内祝いは産後1カ月の内祝いの時期に贈るのが一般的ですので、赤ちゃんのお世話に追われているときちんと準備できない可能性があります。どれにしようか迷っている方は、効率よく品定めができるサイトや温かいサービスが魅力の店舗などを味方につけてふさわしいものを手渡せるように準備をしておきましょう。手渡しできない場合は郵送でも構わないので、電話などでお礼を言うように心がけましょう。

インターネットの専用サイトは痒い所に手が届く 

お買い物はもっぱらネットショッピング、という人も珍しいことではありません。ある程度まとめて購入する、忙しくてデパートに行く暇がない、という人には24時間注文が可能なネット通販がおすすめです。出産祝いのお返し、内祝いの専用サイトというものがあり、のしの手配や名前入りのメッセージカードなどのオーダーも可能です。小分け用の手提げも送ってもらうことができるので、手渡し用の内祝いは自宅に、郵送はそのまま直に相手先へ、など自宅に居ながら好きな時間にあらゆる手配が1つのサイトで完了するのが魅力です。選べるものもお菓子、食品、タオルなど定番品から、ランキングで人気のものなどあらゆるジャンルから選択可能。予算別でも探すことができるので、迷ったときにも探しやすいのが特徴です。

デパートや路面店で心を込めた贈り物

数が少ない場合や、ネット通販が苦手、という場合は地元の個人商店やデパートでも十分対応可能です。出産祝いのお返しであることを伝えればぴったりのものを提案してくれたり、その場でのしや赤ちゃんの名前を手書きで書いてくれるというサービスもあります。老舗のデパートなどはそうしたサービスに長けていますので、年配の方や形式を重んじる人に贈る場合はそうした場所でお願いしてみるのもアイデアです。時間は少しかかりますが、心を込めた実感が沸くので贈る側も充実した達成感を感じます。自分の目で見て納得したものを贈りたいという人におすすめの方法です。個人商店でも和菓子店、洋菓子店、ギフトショップなどで対応しているところがあります。馴染みの店がある場合は頼んでみると快く引き受けてもらえるかもしれません。