何を基準に相模原葬儀を選べばよいのか解説します

相模原葬儀

相模原葬儀を行うことになったら、まずは葬儀社を選ばなければなりません。長年地元に密着して経営している会社や、自社で葬祭を行えるホールを持っている会社、最近増えている家族葬や火葬のみを行う直葬など小さな規模の葬儀が得意な会社など相模原だけでも多くの葬儀社がありますし、ネット上で運営している葬儀社もあります。その中から一つを選ぶというのは大切な人が亡くなって気も動転し慌ただしい時には大変な作業になるでしょう。最近では終活の考えが浸透してきており、生前に葬式などの死後に関しての話をすることへのタブーが薄れてきました。見学可能な施設もありますし、前もって情報を集めておくことで、納得のいく葬儀を行うことができ、ひいては故人への供養になるのではないでしょうか。葬儀社の比較サイトもあります。

相模原市には相模原市営斎場がある

相模原葬儀には相模原市営斎場があります。ここは式場と火葬場が併設されており、通夜、告別式、火葬までを同じ施設で行うことができます。市の運営なので民間に比べると利用料は安いのですが、故人が相模原市に住民登録していた市内住民ならば、市外住民よりも安価になります。利用に関しても市内住民が優先されます。火葬の予約をすれば、霊安室で故人を安置してもらえるので、自宅に戻すことができない場合でも安心です。最大100名収容の大式場と最大70名収容の小式場があり、待合室や控え室も完備されています。浴室やシャワーなどの設備はないですが数名泊まることはできます。駅やバス停からも近く、駐車場も広いです。また葬儀を行うと火葬までを同じ施設で行えるため、式場から火葬場までの霊柩車や親族、参列者が移動するための手段を確保する必要がありません。

葬儀を行うのは大変なことなのです

このように相模原葬儀を行うには便利でメリットの多い相模原市営斎場ですが、その分やはり人気があり、式場を利用する場合葬儀まで2日から5日待たなければいけないこともあります。また斎場の職員は葬儀そのものの手伝い等はしてくれないので、葬儀は葬儀社に依頼します。費用の安さが市営斎場の魅力の一つではありますが、自社で式場を持っている会社のプランで式場の施設の利用料が含まれているものもあるので、単純な比較は禁物ですが、探してみると良いでしょう。時代の変化とともに葬儀の形も様々になりました。それでも葬儀を行うとなると、短い時間の中で決めなければならないことが次から次へとやってきます。突然の事で戸惑うばかりでも、悲しみに浸る間もなく進めていかなければならないのです。そんな時信頼できる葬儀社がいてくれれば心強いです。そういう葬儀社を見つけるのは、事前からの情報取集です。