出産祝いのお返しにおける基礎知識

出産祝いは、お子さんが生まれてから1カ月以内に贈るという流れがあります。お祝いをいただいたら、速やかにお返しをしたい所ですが、生まれたばかりでばたばたするということもありますし、まとめて贈る作業をしたいという方も多いこともありますし、大体1カ月以内でお返しをすると良いでしょう。どんなものを贈るかということに関しては、お菓子、タオル、などが人気のアイテムとして挙げることができます。気持ちですが、いただいた品物の半額分位を目安として考えていくと良いでしょう。あまりその額を増やしてしまいますと、相手にも気を遣わせてしまうことにもなりますし、大体半分というのが日本の風習ということで考えていくと良いでしょう。最近では、ネットなどでも選ぶことができます。

出産祝いは1カ月ぐらいで内祝いを送りましょう

出産祝いをいただいたら、1カ月以内位を目安として内祝いを贈るようにしましょう。また、お祝いをいただいたことへの返礼であると同時に、生まれてきた赤ちゃんの命名を披露するという目的でも行われています。周囲の人へ、親としてきちんと我が子の紹介をするということが大事です。そのため、名前を入れることができるお菓子なども人気があります。ただし、日常的に使うアイテムに名前を入れてしまいますと、いただいた方も困ってしまうこともありますので、名入りの場合には、お菓子程度にしたり、メッセージカードなどに名前を入れるといったようにした方が良いでしょう。また、連名でいただいた時には、できればそれぞれお一人ずつ内祝いをお渡しするようにしましょう。それがマナーになってきます。

内祝いを贈る相手によって品物を選ぶ

出産祝いは、両親、友達、会社の同僚や上司、色々な方からいただくことかと思いますが、それぞれお返しに関しては、適したものがあります。どなたに頂いても、お菓子というのは無難ですし喜ばれるものですので、迷った時にはお菓子にすると良いでしょう。ちょっとした有名店であったり、名入りサービスができたりと、個性的なものを選ぶこともできます。また、他の案としては、たとえば女性のお友達であればフェイスタオルやハンドクリームなど、女性がもらって嬉しいものを選ぶのもおすすめです。大体半分返しというのが日本の風習でもありますが、迷った時にはカタログギフトというのもあります。出産後はバタバタしてしまいがちですので、選ぶのも大変という方にはおすすめです。両親には、メモリアルギフトをチョイスする方も多いです。